ごあいさつ

当クリニックは北祐会の『すべては患者さんのために』を基本に、
副題『その人らしく居られる医療』を理念に加えます。
1982年に北祐会が誕生してから現在まで、神経難病の原因究明・治療・リハビリテーションは
大きな変遷を遂げてきましたが、同時に膨大な情報・選択肢が社会に溢れるようになりました。
そのような時代だからこそ、神経難病の患者さんが社会でよりその人らしく居られるために、
私たちは知恵を絞り出してサポートするチームでありたいと思います。

院長廣谷 真(ひろたに まこと)

院長 廣谷 真(ひろたに まこと)

主な経歴

  • 平成13年3月札幌医科大学医学部卒業
  • 平成13年5月北海道大学大学院医学研究科神経内科学講座入局
    北海道大学病院・旭川赤十字病院・帯広厚生病院で勤務
  • 平成23年3月北海道大学大学院医学研究科博士課程修了
    (学位論文名:多発性硬化症のB細胞におけるToll-like receptor 9と免疫調節性機能に関する研究)
  • 平成23年4月北海道大学神経内科助教
  • 平成25年4月北海道大学病院診療准教授
  • 平成28年4月医療法人北祐会 北祐会神経内科病院医務部部長
  • 平成28年11月医療法人北祐会 札幌パーキンソンMS神経内科クリニック院長

【主な資格・受賞歴】

  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本神経学会専門医・指導医
  • 日本多発性硬化症協会 平成21年度医学研究奨励賞
  • 日本神経免疫学会 平成22年度 Young Neuroimmunologist Award
  • 趣味

    オーケストラ演奏(バイオリン)、ジョギング、スポーツ観戦(とくにテニス)、犬(イタリアングレーハウンド)との散歩。
  • 好きな食べ物

    何でも! コーヒーとケーキがあれば十分幸せ また、無類の牡蠣好きです。
  • 苦手な食べ物

    唯一苦手なのがミニトマト ふつうのトマトは大好きですが、ミニトマトの口で弾ける食感が未だに好きになれません…。
  • 特技

    どこでも眠れること 
    学生時代にバックパッカーで訪れたインドで、喧騒のなかでもぐっすり眠る技を習得しました。
  • 休日の過ごし方

    たいていは犬と公園の散歩をして、ジョギングして、楽器を弾いています。

院長ブログ Dr MAKOTO’S BLOG

副院長田代 淳(たしろ じゅん)

副院長 田代 淳(たしろ じゅん)

主な経歴

  • 平成10年3月北海道大学医学部医学科卒業
  • 平成10年4月~北海道大学医学部附属病院、市立函館病院にて研修
  • 平成12年4月北海道大学医学部神経内科入局
  • 平成12年4月~市立札幌病院神経内科、国立病院機構札幌南病院神経内科にて勤務
  • 平成16年4月~北海道大学病院神経内科
  • 平成18年北海道大学大学院医学研究科脳科学専攻博士課程修了
    (学位論文名:Role of p53 in neurotoxicity induced by the endoplasmic reticulum stress agent tunicamycin in organotypic slice cultures of rat spinal cord.)
  • 平成21年4月国立病院機構札幌南病院神経内科
  • 平成22年3月国立病院機構北海道医療センター神経内科
  • 平成25年9月北海道神経難病研究センター臨床研究員
  • 平成25年10月インスブルック医科大学神経内科Sleep laboratory(オーストリア)
  • 平成27年4月医療法人北祐会 北祐会神経内科病院
  • 平成28年11月医療法人北祐会 札幌パーキンソンMS神経内科クリニック 副院長

【主な資格】

  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
  • 趣味

    車いすテニス、チェアスキーなど。
  • 好きな食べ物

    お刺身とおいしいお酒、その他何でも。オーストリアのFleischkäseも好きでした。
  • 苦手な食べ物

    特にありません。
  • 特技

    英検1級、チェアスキー2級。
  • 休日の過ごし方

    夏はテニス、冬はスキーと言いたいところですが、講演準備や論文作成に追われることが多いような気がします。

医療法人 北祐会 理事長
濱田 晋輔(はまだ しんすけ)

医療法人 北祐会 理事長 濱田 晋輔(はまだ しんすけ)

すべては患者さんのために

医療法人 北祐会は、北海道初の神経内科専門病院として、また日本初の神経難病専門病院として昭和57年に北祐会神経内科病院を開設、以来35年間、一貫して「患者さんのための神経内科」を目指し、北海道の神経難病の治療、臨床研究に励んでおります。

『すべては患者さんのために』という理念のもと、常に患者さんの視点にたち、経験豊かな神経難病専門の医師、看護師、リハビリスタッフ、医療相談員、管理栄養士、検査技師、他、多数のスタッフがチームを編成し、一丸となって神経難病医療に従事しております。私たちは、全ての神経筋疾患患者さんが満足し、安心して医療を受けられること、また、その環境づくりを目指しております。

現状では開院の目的の一つである神経難病及び神経疾患の原因解明、治療法の確立は、未だ十分にはなされておりませんが、臨床を通してこの大きな課題に取り組むことも私たちの使命であります。研究主体の大きな目標に対しては、平成23年、一般財団法人「北海道神経難病研究センター」を設立、研究成果を患者さんに還元すべく日々邁進しております。

この度、さらに患者さん及び御家族のニーズに添った、満足度の高い医療サービス提供を目指し、以前より要望の多かった札幌駅に『札幌パーキンソンMS神経内科クリニック』を開設しました。外来リハビリテーションも充実させ、診療時間はより受診しやすい時間帯を設定し、患者さんの病態に合わせ北祐会神経内科病院と密接に連携して包括的な医療の提供を目指します。

これからも、創設の志を受け継ぎ、神経難病を中心に全ての神経筋疾患に真摯に向き合い、それに苦しむ方の力になるべく努力してまいります。支えてくださる皆様へ感謝致しますと共に、目標を同じくする仲間と力を合わせて頑張ってまいりたいと思います。

CLOSE

主な論文/廣谷 真

  1. Hirotani M, Maita C, Niino M, Iguchi-Ariga S, Hamada S, Ariga H, Sasaki H. Correlation between DJ-1 levels in the cerebrospinal fluid and the progression of disabilities in multiple sclerosis patients. Mult Scler. 2008; 14(8):1056.
  2. Hirotani M, Niino M, Fukazawa T, Kikuchi S, Yabe I, Hamada S, Tajima Y, Sasaki H. Decreased IL-10 production mediated by Toll-like receptor 9 in B cells in multiple sclerosis. J Neuroimmunol. 2010; 221(1-2):95.
  3. Hirotani M, Niino M, Sasaki H. The role of B cells in multiple sclerosis: implications for B-cell-targeted therapy. Curr Med Chem. 2010; 17(28):3215.
  4. Hirotani M, Niino M, Fukazawa T, Yaguchi H, Nakamura M, Kikuchi S, Sasaki H. Decreased interferon-α production in response to CpG DNA dysregulates cytokine responses in patients with multiple sclerosis. Clin Immunol. 2012; 143(2): 145.
  5. Houzen H, Niino M, Hirotani M, Fukazawa T, Kikuchi S, Tanaka K, Sasaki H. Increasing prevalence, incidence, and female predominance of multiple sclerosis in northern Japan. J Neurol Sci. 2012; 15 (323): 117.
  6. Sugimoto C, Hirotani M, Yoshikiyo K, Koshimizu U, Wakao R, Horinouchi T, Mazaki Y, Higashi T, Fukazawa T, Fujita H, Sasaki H, Wakao H. The dynamics of mucosal-associated invariant T cells in multiple sclerosis. Springerplus. 2016; 5; 5(1):1259.

主な論文/田代 淳

  1. Tashiro J, Kikuchi S, Shinpo K, Kishimoto R, Tsuji S, Sasaki H. Role of p53 in neurotoxicity induced by the endoplasmic reticulum stress agent tunicamycin in organotypic slice cultures of rat spinal cord. J Neurosci Res. 2007 Feb 1; 85(2):395-401.
  2. 田代 淳,菊地誠志.パーキンソン病とうつ.特集 うつと慢性疾患併存時の対応.
    MEDICAMENT NEWS 1997; 14-16, 2009
  3. 田代 淳,菊地誠志.病型分類.多発性硬化症の病態と治療.特集 多発性硬化症-病態解明と治療戦略の最前線(NMOを含めて).カレントテラピー 2009 Vol. 27 No.9 750-754.
  4. 田代 淳,菊地誠志.急性散在性脳脊髄炎.脱髄.大脳白質の変化・病変.特集 大脳白質をめぐって-画像と最新の知見.
    Clinical Neuroscience 2009 Vol. 27 No. 11, 1290-1294.
  5. 田代 淳,菊地誠志.進行期の諸問題:運動合併症とその対策.パーキンソン病治療のトピックス.特集 パーキンソン病−
    変貌する疾患概念と治療戦略.カレントテラピー 28(9): 807-812, 2010.
  6. 田代 淳,菊地誠志.パーキンソン病のnon-motor症状について.パーキンソン病診療Q&A
    Frontiers in Parkinson Disease 3(3): 184-188, 2010.
  7. 田代 淳,菊地誠志.「No」の立場から.誌上ディベート:PDに伴う抑うつに対して抗うつ薬を使うべきか?
    Frontiers in Parkinson Disease 3(4): 209-212, 2010.
  8. 田代 淳,菊地誠志:7.精神症状の治療.武田 篤編,ガイドラインサポートハンドブック パーキンソン病.大阪,
    医薬ジャーナル社,103-141,2011
  9. 田代 淳:パーキンソン病のうつ,不安,パニック障害.山本光利編,Parkinson’s disease 2011.東京,アルタ出版,
    40-50,2011
  10. 田代 淳,菊地誠志.うつ状態.非運動症状への対応.治療総論.特集:パーキンソン病治療-New Standards.
    Clinical Neuroscience Vol. 29 No. 5, 524-526, 2011.
  11. 田代 淳,菊地誠志.パーキンソン病進行期患者の治療.パーキンソン病を治療する.特集:変わりゆくパーキンソン病治療−早期診断から進行期患者の治療まで.内科, 107(5): 826-832, 2011.
  12. 田代 淳.「Yes」の立場から.誌上ディベート:パーキンソン病にmotor subtypesはあるか?
    Frontiers in Parkinson Disease 5(1): 16-19, 2012.
  13. 田代 淳.パーキンソン病治療の問題点とマネジメント.パーキンソン病におけるうつの理解・意義・診療.山本光利編,GP・レジデントのためのパーキンソン病テキストブック.東京,アルタ出版,pp192-201,2012
  14. 田代 淳,菊地誠志.神経寄生虫感染症,5.感染性疾患.今日の神経疾患治療指針第2版.東京,医学書院,
    pp. 448-455, 2013.
  15. 田代 淳,菊地誠志.CDSとCDDの概念と今後の展望.特集:パーキンソン病治療の最新動向.
    Pharma Medica, 30(suppl. 4): 8-11, 2012.
  16. 田代 淳,菊地誠志. 5.2 うつ状態.5. 非運動症状と治療.山本光利編,レジデントのためのパーキンソン病ハンドブック.東京,中外医学社,pp49-57,2014.
  17. 田代 淳,田代邦雄.逆Chaddock徴候.特集 脊椎脊髄の冠名徴候・症候群.脊椎脊髄
    28(4): 242-245, 2015.
  18. 田代 淳.「学術」パーキンソン病の非運動症状と最近のトピックス.札医通信 No. 580, 6-10, 2015.
  19. 田代 淳.Q&A 神経科学の素朴な疑問「筋固縮の歯車様と鉛管様の違いは何でしょうか?」.
    Clinical Neuroscience 34(1): 124 , 2016.
  20. Tashiro J, Stefani A, Högl B, Brandauer E, Poewe W, Heidbreder A. Influence of a Post-Test Factor on the Results of the Multiple Sleep Latency Test. J Clin Sleep Med. 2016 Apr 15;12(4):529-31.
  21. 田代 淳,飛驒一利.神経内科医が経験したsurfer’s myelopathy.脊椎脊髄
    Pharma Medica, 30(suppl. 4): 8-11, 2012.