Dr Makoto’s BLOG

土曜日に家族そろって

クリニック2022.05.14

桜の時期を終えて、一気に色が増えていますね。
八重桜とライラックが緑の芝生に映える季節となりました。

クリニックの診療は月曜日から土曜日まで行っていますが、曜日によって来院する患者さんの層に傾向があります。
月曜日から金曜日の日中は仕事をされていない患者さんの層が多く、夕方になると仕事を終えてから来院する患者さんが増えていきます。一方で土曜日は、仕事をしている患者さんが来院することが多く、加えて、付き添いの(仕事休みの)ご家族そろって患者さんが来院することも多いようです。土曜日はファミリー受診がおおい、なんとなく想像がつきますでしょうか。
 
ところで、コロナ禍となってからは、施設に入所している患者さんは面会や外出制限が厳しくなってしまい、「病院受診のときのみ外出可能」としている施設もあるようです。月1回の土曜日、仕事休みのご家族がお父さん(お母さん)である患者さんを施設へ迎えにいき、そのままクリニックへ受診されることも拝見します。ご家族にしてみますと、なかなか会えないお父さん(お母さん)に会うことができ、患者さんも外出することで良い気分転換となっているようです。もちろんみなさん感染対策には万全を期して外出されている様子です。
 
受診を終えた束の間の帰り道、公園を散歩したり、花見をして施設へ戻る方もおられます。患者さんにとっては「待ちに待った受診」のようです。いちばんの楽しみは受診ではなく、もちろん家族と会えること、そして帰りのちょっとした寄り道かもしれませんね?クリニックで会うそんな患者さんの表情は、なんだかすごくイキイキしているように見えます。

 

廣谷 真

廣谷 真Makoto Hirotani

札幌パーキンソンMS
神経内科クリニック 院長

【専門分野】神経内科全般とくに多発性硬化症などの免疫性神経疾患、末梢神経疾患
眼瞼けいれん・顔面けいれん・四肢の痙縮に対するボトックス注射も行います。

【趣味・特技】オーケストラ演奏、ジョギング、スポーツ観戦、犬の散歩