Dr Makoto’s BLOG

薬を増やす?薬を減らす? パーキンソン病と姿勢の関係

パーキンソン病2022.05.07

少し肌寒い日が続いたところ、一転して夏日を迎え、続いての雨…。なんとも慌ただしい天気のゴールデンウィークとなりました。初孫さんにお会いして満面の笑みの患者さん、畑作業でうっすら日焼けした患者さん…久しぶりに行動制限がない連休を、みなさん思い思いに過ごされたようです。
 
パーキンソン病患者さんに多くみられる症状のひとつに、「姿勢の変化」があります。肩甲骨の周囲がこわばって、次第に肩が前方へ入っていき、上半身が前へ傾きやすくなります。この前傾姿勢が続いてしまうと、からだの重心が前方へ偏って倒れやすくなりますので、無意識のうちに膝を曲げることでバランスをとるようになっていきます。
 
はじめてクリニックにこられたときに、すでにこのような姿勢の患者さんもおられますが、クリニックの治療開始数年で少しずつこのような姿勢になっていく患者さんもおられます。パーキンソン病でみられる姿勢の変化は、筋肉のこわばり(固縮)が年単位の長い期間積み重なることで生じると考えられています。長い期間かけての姿勢変化は、患者さんやご家族はあまり自覚していないことも多いようです。
 
一方で、数週間から数カ月と、比較的短い期間で、姿勢が変化していく患者さんがおられます。ご家族からも「最近姿勢が急に前屈みになってきた」「最近身体が急に右へ傾くようになってきた」と、はっきり姿勢の変化を感じることが多いようです。このような「急な姿勢の変化」は、どのような原因で起こるのでしょうか?
 
パーキンソン病にみられる急な姿勢の変化は、大きくふたつの原因によります。ひとつは「パーキンソン病の進行でドーパミンが不足することで筋肉のこわばりが強くなり、急に姿勢が変化する」こと。これにはレボドパなどの治療薬を増やす対応が求められます。ふたつは「治療薬のドーパミンアゴニストによる副作用で、急に姿勢が変化する」ことがあります。これには、ドーパミンアゴニストの治療薬を減らす対応が求められます。
 
このように書くと簡単に見えるかもしれませんが、実際の診察室では薬を増やす?薬を減らす?のどちらかを判断するのが非常に難しく感じています。一方は薬を増やして対応し、他方では薬を減らして対応するという真逆の対応をするので、慎重に見極めていきます。
 
クリニックに通院中のパーキンソン病患者さん。家事などの家庭生活も丁寧にきっちりこなしてきましたが、動きが芳しくないことを当時の医療機関に相談したところ、ドーパミンアゴニストが開始となり、少しずつ増量されていきました。患者さんとしては「ドーパミンアゴニストがはじまってから姿勢が右へ傾くようになった気がする」と感じ、実際に強くなった傾きのために、歩行にも影響が出るようになりました。クリニックに初めて来られたときは、体幹が右へ傾いてしまい、座ったり立っていても、歩いていても、ずっと右に傾いた状態が続いています。これまでのお話を聞きますと、姿勢変化のほかには、あまり目立った症状はなく、ふるえが強くなった様子でもなく、声の大きさや手の使いやすさにも変化はない様子です。
 
パーキンソン病が進行したとするには、やや経過がはやく、また、姿勢以外の症状があまり変わっていない印象です。このような場合には、ドーパミンアゴニストによる姿勢の変化を第一に考えていきます。
 
そこで、クリニックではドーパミンアゴニストを中止して、その代わりレボドパが日中持続するように内服量・時間を調整していきました。こわばりを軽減するためのリハビリテーションも開始したところ、1か月ほどでだいぶ姿勢が回復し、現在はほぼ元通りの姿勢まで回復しています。当初は近所のスーパーへ買い物に行くことも大変でしたが、今はだいぶ調子よく、買い物にも行けるようになったと、にこやかに伝えてくださいました。
 
薬を増やす?薬を減らす?どちらもパーキンソン病に関連する姿勢変化には必要な対策です。まったく逆方向の治療選択となりますので、その見極め・タイミングが非常に大切になります。診察室ではパーキンソン病患者さんの姿勢を毎回チェックしていますが、姿勢で気になることがあれば、お気軽にご相談ください。
 
 
 

廣谷 真

廣谷 真Makoto Hirotani

札幌パーキンソンMS
神経内科クリニック 院長

【専門分野】神経内科全般とくに多発性硬化症などの免疫性神経疾患、末梢神経疾患
眼瞼けいれん・顔面けいれん・四肢の痙縮に対するボトックス注射も行います。

【趣味・特技】オーケストラ演奏、ジョギング、スポーツ観戦、犬の散歩