Dr Makoto’s BLOG

目覚まし時計を使わないと?

クリニック2022.06.13

みなさんは目覚まし時計を利用していますか?

私はずっと目覚まし時計を使っておりますが、何を隠そう、学生の頃なんかは目覚まし時計が鳴っても二度寝が当たりまえの毎日でした。ところが、ここ数年は目覚まし時計が鳴る5分前に、自然と目覚めるようになっています。昔では信じられない変化で、ちょっと得したような、ちょっと損したような気分にもなります。一日の生活サイクルが決まった時間で動くようになった影響と感じていますが、おそらく年齢的な影響もあるのでしょう。日中に眠さを感じておりませんので、睡眠不足の実感がないのが幸いです。
 
クリニックで患者さんとお話していますと、「もう何年も目覚まし時計を使ったことがない」という方が沢山おられます。目覚まし時計をセットせずに眠りに入るなんて、とっても羨ましく感じますが、もっと眠っていたい御本人にとってはなんとも複雑な気分のようです。早朝に目覚めて、自宅へ新聞が届くのを待ち、朝の時間をゆっくり過ごしたり、家事に精を出す方も多いようです。
 
そこで、「目覚まし時計を使わないで、私はしっかり起きられるのだろうか?」と、いざ休日に試してみました。不思議なことに、目覚まし時計を使わなくても、いつもの決まった時間に目覚めていました。脳とカラダはしっかり時間を覚えている、ということでしょうか。
 
さて、先日、山歩きのため朝3時に目覚まし時計が鳴ったときには、さすがに二度寝してしまいそうでした。脳とカラダはしっかり睡眠を欲しているとだと、ホッとした気分で目覚めました。
適切に脳とカラダを休めてあげる…健康の基本は変わりないようです。

 

廣谷 真

廣谷 真Makoto Hirotani

札幌パーキンソンMS
神経内科クリニック 院長

【専門分野】神経内科全般とくに多発性硬化症などの免疫性神経疾患、末梢神経疾患
眼瞼けいれん・顔面けいれん・四肢の痙縮に対するボトックス注射も行います。

【趣味・特技】オーケストラ演奏、ジョギング、スポーツ観戦、犬の散歩